株式会社ジーエスフード 新たな価値を創造する総合食品メーカー

ブラックティーとは

2021/04/01

コラム

★★★★★

一般的に「ブラックティー」とは、「紅茶」のことです。
その理由は、英語で紅茶のことを「BLACK TEA」(ブラックティー)と表現することに由来します。

英語で「BLACK TEA」(ブラックティー)と呼ばれるのは「茶葉の外観」です。
紅茶が誕生する前のイギリスでは、緑茶(GREEN TEA)を飲んでいました。
その後、誕生した紅茶は茶葉の色が緑茶に比べて黒いことから、「BLACK TEA」(ブラックティー)と呼ばれるようになりました。

一方で、紅茶を抽出したときの「水色(すいしょく)」においてもブラックティーの特徴があります。

紅茶の本場であるイギリスは「硬水」であるため、紅茶を抽出した際の水色が黒くなります。
水色が黒くなる理由は、紅茶に含まれるタンニンが硬水のミネラル分と化合することが要因です。
実際に、茶葉の量、水の温度、抽出時間、茶葉を同じにし、日本でよくある「軟水」と輸入されたミネラルウォーターの「硬水」で抽出しました。
「軟水」の水色は、赤みのあるオレンジ色になりました。(向かって左側)
「硬水」の水色は、少し黒っぽいオレンジ色になりました。(向かって右側)

同じ茶葉で「軟水」と「硬水」でそれぞれ3分間抽出した紅茶

ここからも、「ブラックティー」と表現されることがうなずけます。

★★★★★★

ジーエスフードの「ブラックティーシリーズ」は5倍希釈用濃厚紅茶です。
「ブラックティー加糖」、「ブラックティー低甘味」、「ブラックティーアールグレイ」がございます。
いずれの商品も美味しく飲めるように、バランスよく甘みを加えています。
そのため、どなた様でも簡単に自分好みの紅茶が出来ます。
1959年の発売以来、多くのお客様に愛されています。

商品ページへ

一番人気の「ブラックティー加糖」
甘さ控えめ「ブラックティー低甘味」
ベルガモット風味が特徴の「ブラックティーアールグレイ」