株式会社ジーエスフード 新たな価値を創造する総合食品メーカー

2018年入社

東日本事業部 名古屋支店

林 徹平

お客様とのコミュニケーションで信頼を築いていく

名古屋支店に勤務しています。各取引先と商談を行い、新規商品の提案、既存商品の売上拡大や切り替え商談などが主な仕事内容です。

新規商品を導入いただくためには自社商品の知識を深めることも大切ですが、商品の良さをうまく伝えられなくてはなりません。知識を深めることだけではなく情報収集も行っています。自社商品と他社商品との違いを尋ねられることも多いので、自社のみならず他社のことも学び、しっかりご回答できるよう知識を深めています。

自社商品などを学ぶための具体的な方法としては、SNSなどで流行りのメニューをチェックし、お客様へ提案するために自分で試作試飲などを行っています。チェックした情報は、今、流行っているもの、今後流行りそうなもの、商品提案に活用できそうなものなどに分けて、あらかじめリストアップしています。

営業という仕事は、お役に立てるご提案を多く行いお客様とのコミュニケーションしていく中で、信頼関係が徐々に深まり、既存商品の売上拡大や切り替え商談のお話をいただけるようになっていきます。
また、業務用卸という業務は本来、ユーザー様のお声を直接うかがう機会はあまりないのですが、名古屋支店のC&C(外食向けの食材を扱うスーパー)を自分は担当しているので、ユーザー様とも距離が近く、現場のお声をうかがうことができます。

常に笑顔で!

お客様にお見せする表情には気を付けています。訪問営業が主流なので、お伺いするタイミングでお客様がお忙しいかどうかはもちろん気を付けなくてはならない一方、お話する際、気持ち良く思っていただけるよう、普段から笑顔でいるよう気を付けています。

また仕事を通しての楽しさは、職場の雰囲気や、お客様との関係も影響すると思いますが、自分としても、笑顔や活気のある職場にしたいと思っています。日々のコミュニケーションは大切ですので、会話がない時でも表情は意識をして、話しかけられやすい表情を心がけています。職場の中でもお互いが気配りし、そのような雰囲気でいられればと思います。

お客様とのコミュニケーションで信頼を築いていく

職場での経験はお客様とのコミュニケーションでも応用できると思います。また、依頼に対してスピーディーに対応する心掛けは、信頼関係を構築することに繋がると考えています。

話やすい職場環境

大阪支店から名古屋支店へ移動しましたが、話しやすい職場環境が徹底されていて大変ありがたかったです。一方、地域の違いか、こちらでお客様が大切に思われることは、やはり違っています。信頼いただけるまでがなかなか難しいと感じました。大阪では、商品が安ければ切り替えのご検討を頂きやすい、という雰囲気でしたが、名古屋ではお客様と営業との日々の丁寧なコミュニケ―ションが重視されるという印象を強く感じています。

商品の切り替え商談については、お客様とコミュニケーションを深め、信頼頂くことによって、では一度使ってみようか…などとお話を頂けますが、お客様側ですでにご関係のある既存のメーカー様がいればそちらに連絡されるなど配慮をされていらっしゃいます。また、一度お使いいただけると末永く使っていただけます。

商売スタイルの違いを、自分たち営業が理解することもお客様を知ることに繋がると思っています。大阪支店にいた頃から、1年ほど名古屋のお客様を幾つか持たせていただき、スタイルの違いを少し知ったところで名古屋支店に来ました。とは言え大阪支店では1カ月1回、名古屋のお客様のところに出張したとしても1年で12回ほど伺う程度ですので、2019年10月末に名古屋に配属され、11、12月が引継ぎでこれからいよいよ…というところで、2~3カ月で新型ウイルスの影響あり、残念ながらまだお客様ときちんとご挨拶できていない状況ではあります。

大阪支店が初の配属先でしたが…営業が未経験の状態でなおかつ食品会社に在籍しているにも関わらず料理をしたことがない状態でした。

大阪支店では最初は、得意先へ提案しても商品の導入に繋がりませんでした。社内で自社商品のメニューを考えたり、施策を検討したり、何度もトライしていく中で何かを作り上げることが楽しくなってきました。自分の商品提案バリエーションも増え、お客様に食べていただいたり飲んでいただいたり、チャレンジを繰り返す中、新規提案もできるようになってきて、楽しさや感動ややりがいを感じるようになりました。今もチームで楽しさや感動や成功体験を共有できる仲間と働いています。

常に笑顔で!
常に笑顔で!

今もこれからもチャレンジし続ける

何事にもチャレンジすることの大切さを感じています。
今後もチャレンジする意思をもって、行動していける人物を目指していきます。行動一つ一つを積み重ねて自分自身の成長に繋げたいです。会社からの信頼も勝ち取り、新商品のアイデアを積極的に提案していきたいと思っています。販売促進は商品に思い入れもありますし、プレゼンやメニュー提案ももっと行っていこうと思っています。また、一緒に働くメンバーの良い部分をどんどん取り入れて自分の成長に繋げたいとも思います。一緒に働くとしたら、共に成長できる人がいいですね。

チャレンジを積み重ねて、いろいろな仕事に携わっていきたいと思います。会社からの信頼と営業の経験を積み重ねていきます。チャレンジする意識と、行動を積み重ねて自分自身の成長に繋げていきます。具体的には料理や商品の提案力をより高め、お客様へ少なくとも10件提案していくなどより高い行動目標掲げ、行動することで更に高いレベルを目指せると考えています。

日々の積み重ねがチャンスを広げる

新商品15件の新導入を図ろうと動いていたにも関わらず、5件しか契約を頂けなかったことがありました。そこでくよくよせずなぜ導入できなかったかを深堀して再チャレンジをしたところ、目標には達成しませんでしたが7件、8件と契約件数は増えていったことがあります。そういった体験でのような考え動き続けることと同時に、売上を作っていくために、別の商品ブラックティーであれば加糖とアールグレイが導入されていると低甘味が導入されていないところには導入されるように提案方法・メニューを変えて提案し続けています。

何度も商談を重ねる中では一度導入してみようか、とお客様におっしゃっていただけることもあります。過去、お断わりされた商品も、別の商品と一緒に、改めてご提案をする中でお客様側のタイミングが合い、導入へ繋がる場合もあります。
例えば、サンプル依頼や見積もり依頼で「かんたん楽々ほうれん草」の問合せがあった場合は、お問合せ頂いたお客様以外の方へのご提案にも繋げられるよう動いています。例えば、老健施設からのお問合せが多いとすると、その傾向の中に導入のきっかけ、ヒントが隠されていると思いますので、違う問屋様でも、老健施設など同業種への提案を行うようにしています。これがチャンスを広げることに繋がっています。

同じことをしているだけでは個性はなくなりますので、日々どうすれば売れるのかということを考えた結果が、今のやり方に繋がっています。また、お客様や社内のメンバーなど仕事で関わる方たちの様子には例えば表情一つの違いでもいち早く気付く様、気を付けています。

日暮の1日のスケジュール
8:15 出社 前日の売上げ確認
9:00 各得意先への訪問 午前中3~4件
12:00 お客様からいただいた情報やユーザー様で昼食
13:00 各得意先訪問 午後4~5件訪問
17:00 帰社 メールチェック 翌月準備
18:30 退社